Company Profile

会社概要

会社概要

商号 株式会社 ケディカ
代表者 代表取締役 三浦 智成  
創業 昭和21年2月
設立 昭和29年2月    
資本金 4800万円  
住所 〒981-3206
宮城県仙台市泉区明通3-20
電話・FAX TEL:022-777-1351   FAX:022-777-1357
取引銀行 常陽銀行、七十七銀行、日本政策金融公庫、三菱UFJ銀行、仙台銀行、岩手銀行

アクセスマップ(本社)

お車でお越しの方へ

東北自動車道 泉ICから車で10分

各種交通機関でお越しの方へ

仙台市地下鉄南北線 泉中央駅からタクシーで15分

有資格者

資格名称 人数
特級めっき技能士 7名
一級めっき技能士 34名
二級めっき技能士 51名
公害防止管理者 水質第一種 3名
公害防止管理者 水質第二種 6名
毒劇物取扱者 9名
第一種衛生管理者 2名
特別管理産業廃棄物管理責任者 4名
危険物取扱主任者 甲種 1名
危険物取扱主任者 乙種第四類 14名
危険物取扱主任者 乙種第六類 7名
安全管理者 3名
有機溶剤作業主任者 5名
小型ボイラー取扱 13名
特定化学物質等作業主任者 17名
フォークリフト1t以上 20名
局排装置等定期自主検査者 1名
第二種電気工事士 3名
環境計量士 1名
作業環境測定士 4名
産業廃棄物中間処理施設技術管理者 1名
乾燥設備作業主任者 3名
機械保全二級技能士 1名
電気取扱(低圧)業務 2名
ガス溶接技能 2名
甲種防火管理者 3名
普通救命 3名
TN-F溶接技能 1名

拠点情報

南工場

南工場は、電子機器部品などへの機能めっき、精密めっきを主とした表面処理を行う工場です。

めっき処理の種類も多く、量産品から少数品、超小物部品など幅広くフレキシブルなご要望にお応えします。 自動機、手動ラインを各種保有しており、幅広い材料に対しての処理が可能で、お客様のご希望に応じて最適なめっきを行います。

対応表面処理

  • ニッケル
  • 錫(光沢、半光沢)
  • 亜鉛(光沢、有色、黒色、3価クロメート)
  • 無電解(ニッケル、金)、
  • セラミックス上の各種めっき
  • 酸化膜二次電解(鉄電析)
  • 化成処理
  • バレル研磨
  • その他各種表面処理

主要装置

自動スズめっき装置

北工場

半導体は今や、あらゆる電子機器、車載機器に多く使用され、これまで以上に重要なキーコンポーネントとなっています。

北工場では、半導体リードフレーム、チップ部品用フレーム用でデフラッシュ処理、外装めっきなどリードフレームに関わる業務を行っています。

半導体生産サイクルに応じた短納期リードタイムと、高信頼性のためのマガジンハンドリング装置で安定した品質をお届けすることができます。

対応表面処理

  • リードフレーム外装スズめっき
  • スズビスマスめっき
  • 半導体装置部品用ニッケルめっき

製品加工例

半導体リードフレームへのスズめっき、スズビスマスめっき

主要装置

全自動半導体リードフレーム外装めっき装置

東工場

軽量化や放熱性に優れたアルミ材が多く使用されるようになり、電子機器から自動車部品、建築電材など幅広い分野での表面処理に対応いたします。

当工場はアルミ材を主対象とした専門工場で、各種アルマイト処理は小物品から大型重量部品まで幅広く低コストで対応可能です。

めっきに於いては大型自動機を有しておりますので、通常サイズ品から長尺品まで密着性の高い安定した品質をお届けすることができます。

対応表面処理

  • アルマイト(白、黒、硬質)
  • ニッケル及びすずめっき(アルミ材、銅材)

製品加工例

火災報知器集熱板へのアルマイト処理(白・黒)

主要装置

自動アルマイト装置

北上工場

自動車部品から電子部品までを処理している当社では、最新の技術と自動化・省力化設備の融合により、多岐にわたる各種めっきをご提供し、当社独自の生産管理体制と量産技術によって、短納期で品質の安定した製品にて製造を行っております。

各種めっきのほかに無電解めっき、アルマイト処理も手がけ、また、パイプ内部のめっきなど複雑な形状の部品にも均一なめっきが可能で、得意先様から高い信頼を得ています。

対応表面処理

  • 無電解ニッケル
  • 陽極酸化処理
  • ニッケル、亜鉛ニッケル
  • 亜鉛(光沢、有色、黒色、3価、クロメート)
  • カチオン電着塗装
  • 化成処理

試験機器

  • 無蛍光X線膜厚計
  • 電解式膜厚計
  • 恒温恒湿試験器
  • 塩水噴霧キャス試験装置
  • 原子吸光度計
  • ビッカース硬度計
  • 測定顕微鏡
  • 金属顕微鏡 その他各種

製品加工例

自動車部品へのカチオン電着塗装

主要装置

自動ニッケルめっき装置

アクセスマップ(北上工場)

お車でお越しの方へ

東北自動車道 北上江釣子ICから15分

各種交通機関でお越しの方へ

東北本線 村崎野駅からタクシーで5分
東北新幹線 北上駅からタクシーで15分

ケディカ フィリピン

弊社はフィリピン共和国バタンガス州ファーストフィリピン工業団地(FPIP)に設立した 「ケディカ・フィリピン」において各種めっきのパイオニアとして、日本と同様の品質保証及び 納期対応等フィリピンに進出された日系企業様及びグローバル企業様の幅広いニーズにお応えしております。

営業内容

  • 鉛フリーICリードフレームめっき(Sn-Bi)
  • 各種バレルめっき(Cu,Ni,Sn)
  • 各種ラックめっき(Cu,無光沢Ni,光沢Ni,Su)
  • 無電解Ni(3ライン)
  • 化学研磨処理(SUS材)

試験装置

  • 蛍光X線膜厚計
  • 誘導結合プラズマ(ICP)発光分光分析装置
  • 原子吸光分光光度計
  • 恒温槽
  • マイクロスコープ、
  • クリーンルーム(クラス1,000)
  • LPC測定装置 その他各種試験機